こだわり

Phase.2 - To-fu青ばた豆腐へのこだわり。

豆腐とは昔から食されていた伝統的な脇役食品。 9割以上の大豆は輸入に頼っている現在、当店では国内大豆である山形産のあおばた豆にこだわります。

あおばた豆とは、奥会津金山町地区の方言で「枝豆」を意味する、青大豆の一種です。 輸入大豆に比べ、数倍の値段がする大豆ですが、おいしさや安全面、豆腐にしたときの 枝豆の風味・甘み・コク・なめらかさ、最高な味わいを愉しめます。

当店では、目の前で蒸しあげるLIVE感のある卓上豆腐をご提供しております。 素材そのものの味をお愉しみいただけるよう、岩塩でシンプルにお召し上がりください。 今まで味わったことがない、ヘルシーで、深みのある出来たてプルプルの絶品お豆腐を愉しんでください!

Phase.3 - Sobaまつ田屋自家製平打ち ぶっかけ〆蕎麦へのこだわり。

喜多方産のそば粉を使用した、飲んだあとにもピッタリなぶっかけ〆蕎麦。 産地の農家さんに赴き、直接目で見て、手に取り素材を厳選しています。

化学肥料を一切使用せずに特別栽培された蕎麦の実は、色が白く香り高いのが特徴です。 喜多方という土地は、清らかな水と寒暖差の大きな気候で栽培されます。 とても風味高く、特徴的なそば打ちの技法、そのすべてが喜多方ならではの「そば」の味をつくり、多くの人を魅了しています。

もっと多くのお客様にお召し上がりいただきたいという想いで蕎麦をラインナップに加えました。
自家製平打ちめんはコシともちもち感が違います。